クリスマスイルミネーションの中部国際空港にお笑い芸人の小峠がいた!

トイレから出ると小峠が〜!

いやー笑った、顔だけ見て笑った。

ネタを披露しているわけでもなく、顔だけ見て笑うとかクッソ失礼かもしれんが、小峠がやってきた面白いことが脳裏を過り、まじ笑い。

顔も合い、あのなんか「だりぃ〜」って目と目が合いました笑

そんなエピソードがあった中部国際空港について、良かった点をまとめていこうと思います!

どのタイミングで小峠がひょっこりはんしたのかも、流れで紹介しようと思います!

中部国際空港、レストランフロア散策

1240分ごろ、中部国際空港に到着。

お腹が空いていたので食事をすぐにしようと思ったのですが、クリスマスの装飾品や書店など色々目移りして散策することに。

クリスマスの装飾

見る分には可愛いかったのに、写真に収めたら怖い人形。

クリスマスソングのオルゴールが流れていて、いい雰囲気作ってくれてます。

テーブルと椅子があり、近くにはアメリカンスタイルの出店があり、軽食がクロフトビールが各種そろっていました。

心くすぐるメリーゴーランド

クリスマス仕様の中部国際空港のレストランフロアはいろいろ映えw

ホワイト色の強いクリスマスツリー

テンション上昇。腹が減ってるが散策じゃ。

まず書店へ向かいます。ひま時間ってクソもったいなくないですか?

私はクソもったいないと思ってしまう。

18時の便だったので5時間ほどありました。

空港内でゆっくりする予定で本をここで買おうと決めてました。

スマホで小説を書いているのですが(レベル的に趣味の範囲内)ずっと同じことをしているのって飽きます。

色々なことをローテションさせた方が集中力が続きますし、あまり眠くならないで済みます。眠りの星から来たのではないかと思うぐらいムーちゃんは常に眠そうな顔。ガチで常に眠いwww

そんなこんなで一刻も本をゲットしたい。

ムーちゃんはとても気が早い。気が短い?とりあえず何でも早くおわしたい派です。

用足しなんて光の如く終わして、楽しみモードに入りたい。

本をゲットしました。

住野よるさんの「また、同じ夢を見ていた」です。

買った後に伊坂幸太郎さんの「砂漠」と「海の見てる理髪店」の荻原浩さん(読んだことない作者だけれど題名にそそられた)に目移り……

荷物が増えるのもイヤでまた今度。

イルミネーションを写真に収めつつ、お目当ての飲食店を探します。

噴水が可愛いんじゃ。

▲ほらみんな大好きイルミネーションだぞ!いいだろ。写メや動画をペタペタ。

お目当てのうどん屋がなかなか見つからない。

うどん好きでして、きしめん。太麺だけ好きです。細麺は好きではないので、あまり食べません。

道中、空港内のレストランフロアに温泉を発見。まじかよ。中部国際空港。やるな。

ご飯食べるだけもOKだよ

▲風々茶屋(飲食)と風の湯(温泉)になります。

温泉大好き。だが入らぬ。

気分はもう腹ごしらえして、ゆっくりのんびり読書モード。

やっとお目当てのお店に到着。

四代目 鍵太郎 宮きしめん

名古屋の味噌〜。自然な味わい

完食

名古屋めしだぁ。オラァ(なんかいきりたかった)

腹を満腹にしてスターベックスへ

………

はい、すいません。誤字ですね。スターバックスです。スターベックスとあえて間違えるのがマイブームです。(え)

スタバで充電をしつつ、搭乗手続きができる時間まで待ちます。

執筆活動も波乗りピカチュウ(気分上昇の意味)で楽しく、イメージ通りの内容の本を購入することができ、集中力がマックス状態をキープ。

だいたい16時ごろスタバを出て、トイレに向かいました。

そして、搭乗手続きをと、二階のエレベーターに向かおうとした瞬間、テレビ関係の機材を持った人たちが、どどどーん。

小峠が現れ目と目がバッチリ合い、ムーちゃん爆笑。

小峠が現れ目と目がバッチリ合い、ムーちゃん爆笑

※撮影NGという札をスタッフの方は掲げていました。写真はなしです。

お笑い芸人である「なんて日だ!」が頭をよぎります。

YouTubeのよききチャンネルでなんか化粧をしていた小峠。

先輩、カンニング竹山に俺ゲイなんだよね、とカミングアウトされ腕を握られ焦る後輩、小峠(※小峠はドッキリを受けています)

そんな小峠がぽんぽんぽん!!ぽんぽんすぽぽん!と、思い出し笑いました。

お笑い芸人は幸せを運ぶプロですね。

顔だけ見て笑える人なんて身近に誰一人いません。けれどお笑い芸人は違います。

笑わせてくれてハッピー気持ちにさせてくれる。

お笑い芸人の仕事っていいなぁ。

とムーちゃんは思ったわけでした。

いやー小峠からしたら『何だこの女?顔合ったら笑ってきて、失礼の極みかよ!笑うなら芸をしてるときにしろっ……なんて日だ!!』

って思われただけかもしれないですけどねー。

プチハプニングが起こるムーちゃん

飛行機に乗るのが久しぶり過ぎで、色々忘れました。

まず搭乗手続きをする場所を間違い、ターミナル1にいました。

ムーちゃんが乗るジェットスターの便は、ターミナル2になります。

まじダッシュか?と思いきや、まぁ1時間半あるから、大丈夫だろうと小走りでターミナル2に向かいます。

遠っ!!

大丈夫?!間に合う?!

遠っ!!!

ターミナルの行き来って、どこもこんな調子なんですかね。

羽田空港も駅からターミナルまでが超絶遠かったような。

成田空港だったかな……忘れた

ターミナル2に到着。

施設内が新しい感じで、映えスポットもあり、スタバから飛行機を間近で見られます。

これがターミナル2のスタバ。ターミナル1のスタバとの格差がすごい。

なぜここで時間をつぶさなかったんだー。後悔したムーちゃんです。

ターミナル1のスタバは席も3つほど。まあすぐ目の前に寛げるフロアがあるので、どっこいどっいなのですが、スタバ内で寛ぎたい。

ドーン

飛行機に撮影機をかざし、マッピングする可能性もあるらしく、いろいろと調べる時間もなく後にします。

時間がなく中部国際空港での1番映えそうなポイントを逃す。

搭乗手続きを17時ごろには済ますことができ、ゲート前の待合いフロアで待ちます。

幸せは〜♪歩いてこない〜♪

だ〜から歩いてゆくんだね〜♪

と小説「また、同じ夢を見ていた」の中の小学生の奈ノ花ちゃんが歌を唄っていました。

最近、失恋した自分には色々突き刺さる言葉が多く、そして優しい世界観が広がります。

ウッウッ〜ええのぉ。小説最高。

突然、スーツ姿の男がなぜか激近い距離で隣に座りビビります。急に現実世界に強制送還された気分。

辺りを見渡せばゆったり座れる席もあります。なぜここへ。ただ何も考えないで歩いてきて疲れていたら、自動的にこの場所のこのスペースか。と納得し、また小説の世界へ戻ります。

搭乗時間になり、スッタフにチケット見せてたら、なんか言われ聞こえたことをそのまま「きゃむきゃむぱむぱむ?」と伝えるとスッタフに笑われ、ムーちゃん首を傾げ飛行機にインします。そう聞こえたんだよ?君声小さいよ?

ムーちゃん内心ツッコミます。

ここで新手のナンパか?!

いきなり体格の良さそうな清潔感のある男性に挨拶され、飛行機って挨拶するのか?と思っているとスタッフであったことが発覚。

うーん。そのコスチュームなんなの?ホストかキャッチが着ているようなスーツを崩したようなデザイン。スタッフにまったく見えなかったよ。……変な期待させるのやめて(自意識過剰の極み)

ここでトラブルに見舞われます。

飛行機が飛び立ち、シートベルトを外していいタイミングになりました。

早速トイレへ。直ちにトイレへ。

が、シートベルトの外し方がわかりません。

格闘しつつ、左右の席のどちらかにお願いしようか思いつつ、こんなこともできないのバカじゃんと思われるのが悔しくて、変な意地を見せ5分以上はかかり、やっと外せました。

冷や汗を流しながら、トイレへ駆け込みます。

そういう状態からのトイレって、周りがお花畑のイメージがあります。

もうだいぶ移動続きによりムーちゃんのHP削られていて、トイレ終わりの達成感もなく、席に着き眠ります。

やっと着いたよ〜福岡!

もつ鍋がお出迎えしてくれました。

福岡だ〜そんな気持ちになる壁写真

そんなソフトにハードな中部国際空港でした。

おわり