【特徴も解説】金沢駅構内の『黒百合』で金沢おでんと刺身を食べてみた。

ムー
ニーハオ。

おでんに精通していると言っても過言ではないムーちゃんだよ!

新しいおでんメニューができたら、ムーちゃんに食べさせないと商品化されないと裏世界では言われている。

おでん界の裏ボス。(冗談です)

今年もやって来ました!

そう、冬!

年末年始の長期休暇をどう過ごすか、これから考える人もいるんじゃないでしょうか。

観る、遊ぶ、食べる。すべてが詰まった金沢で年末年始を過ごすのはいかがでしょうか。

その中でも『食べる』に今回スポットライトが当たりました。(拍手!パチパチパチ)

金沢のおでんはダシがきいて、あっさりとしている割に具材の旨味が凝縮されています

海の幸に舌も喜び転げるほどに旨く『天国ってここのことか』と錯覚しました。w

金沢おでんの特徴

「黒百合」店内のようす

主にカニ面、赤巻、ふかし、バイ貝、金沢銀杏を使ったひろず(がんも)、源助大根が有名な加賀野菜(金沢の野菜)などの具からできています。

ダシは京風の薄味で、海の幸の旨みが詰まっていてます。透明感があり上品な味わい。

アクセス抜群

金沢駅は宇奈月温泉駅からだと富山地方鉄道と新幹線を乗り継ぎ、約1時間半で到着することができます。

東京駅からだと約2時間半で到着。寝てれば着きますね。

新幹線の改札を抜けて徒歩3分ほど。

金沢駅構内のあじわい小路という名店が連なるお食事処に『黒百合』はあります。

16時半ごろの平日だというのに満席。店員さんが「名前を書いてお待ちください」とひっきりなしに言っていました。活気ありますね。

待ちのお客さんもいてお酒も飲む場だし『いつ入れるの〜???汗』とムーちゃんは焦りました。

けれど30分もしないでIN

日本海側の高級魚「のど黒」は黒百合では取り扱っていませんでした。旬は秋から冬にかけてです。石川県で有名な魚と言ったら「のど黒」なので、のど黒も食べたいなら違うお店へ行ってみましょう。

金沢のおでん&日本酒

「カニ面はお時間かかりますが〜?」と店員さんに言われ、「大丈夫です!!」と食い気味で返す。

 

メインな奴ほど遅れてやって来る。これがお決まりのパターン。

 

その間、おでん各種、刺身5種盛り。日本酒花伝(東北の定番)を常温で1合いただく。

image1-3-1024x768.jpeg▲ロールキャベツ&バイ貝&厚揚げ

 

出汁が透き通っていて薄味と思いきや、具たちの主張が強いので味がしっかりしています。

 

ロールキャベツは今まで食べたことがないぐらいあっさり系。新感覚、そして旨い。

image0-7-1024x768.jpeg▲バイ貝は小さいイメージがあったので大きくて驚いた。そして旨い。

 

グロテスクだったら、ごめんよ。けど、こういう内臓系がマジ旨い。苦味とか旨すぎて悶える。

image5-1024x768.jpeg▲刺身の新鮮さが神。神をいただく。

 

アーメンソーメン、僕イケメン?ムーちゃん、イケメンだから擬人化したら美少年だからカラーにしたらその内公開するから(脱線事故)

image3-1-1024x768.jpeg▲左:白山/大吟醸古酒4分の1合。右:森の吟醸蔵/純米吟醸。その前に呑んだ北陸定番の酒花伝が一番旨かった。

 

呑んで食べている最中に、メインのカニ面(料理名)が出てきました〜。

 

ヒューヒュー♪待ってたぜ♪

 

隣のお兄さんの視線が『このねーちゃん、こんなに呑むの?』というのを感じ、隣は小汚い(失礼)常連のおっさんで、なんか自分の存在浮いてたwが酔えば大丈夫。

 

どうした?カニ面

image2-2-1024x768.jpeg▲思ったより小さかった。女性の拳ぐらいの大きさ

 

お箸でカニ身をすくう。…もぐもぐ。うーん。カニだねー。なんか違うなー。

 

さらに内臓系をいただく。ゴリゴリ。ゴリゴリ??

 

口の中で広がるハーモニーはゴリゴリとカニ身らしからぬ音を立て、首をひねりたくなるムーちゃんであった。

 

調理工程がわからないので、なんとも言えないのですが、生ですか?

 

まだ子供のカニでしたか?しかもガリガリ系の子供カニでしたか?そんな感想を抱かずにはいられないなんともイマイチなお味でした。

 

金沢のおでんは最高に旨かったです。

 

けれど、カニ面をメインにするならお店で出されているカニ面の写真を見てお店を選んでみてもいいかもしれないと、思ったムーちゃんでした。

 

すげー旨そうなカニ面出してる店あったー。

 

食べログ:おでん高砂

カニ面とは

香箱蟹(こうばこかに)、北陸地方で獲れるメスのズワイガニを使用する。

甲羅の部分にカニ身やメスだけが持つ内子・外子(卵)を詰めたもの。

最後に

image0-9-1024x768.jpeg

ここまで読んでいただきありがとうございます。

今回、宇奈月温泉駅から富山地方鉄道(在来線)で富山駅まで向かいました。

 

そこまでで約2時間かかり、途中いきなり同じ列車なのにも関わらず逆走し始め『???????』と大パニック。

 

乗る駅を間違う。乗る列車を間違う。はムーちゃん定番珍プレイなのです。はい。汗

 

調べたところ、途中の上市(かみいち)駅で列車の向きが変わるスイッチバックがあり、座っている席と逆走し始めるそうです。

 

いやー長い間乗っていたので乗る列車間違うとか、ホラーでしかありませんでした。

しかも、黒部宇奈月温泉駅で新幹線に乗り換えていれば1時早く着いていていました。

 

スイッチバックの存在をここに記しておきますね!!他の人がパニクらないためにも。笑

 

[su_gmap address=”〒920-0858 石川県金沢市 木ノ新保町1-1黒百合”]

季節料理・おでん 黒百合


  • 【営業時間】11:00〜22:00
  • 【定休日】なし
  • 【所在】金沢駅構内のあじわい小路