【話題】スターバックス リザーブロースタリー東京に行ってみた【徹底解説】

こんにちはムーちゃん(@muu121211)です!

みなさん、スタバ好きですか?

1日中居ても飽きることのない魅力について語っていこうと思います!

スタッフの方たちも個性豊かで面白いです!笑

遊び心満載のスターバックス リザーブ ロースタリー 東京にお邪魔した話です。

※この記事は読み終わるまで10分ほどかかります。

スターバックスリザーブ ロースター東京とは

連日、多くの人で賑わうスターバックスリザーブ ロースター東京。

焙煎された豆は国内各店舗に配送されています。

「一点の妥協も許さないコーヒーイノベーション」を表現した焙煎工場を併設させた店舗です


目黒川沿いの桜をモチーフにした天井から吊り下がる桜の花たち。日本の和を取り入れ盆栽がテーマの外観。店内の天井では折り紙のアイデアが取り入れられています。

1階では1日2回の焙煎が行われ、4階では出荷用のコーヒー豆の袋詰めしているようすを見れ、細部にこだわった唯一無二のコーヒー体験ができる店舗になります。

2014年にシアトルに1号店をオープン。

2017年に上海、2018年9月にミラノ、12月にニューヨークに続き、2019年、2月28日に中目黒にスタバックスリザーブ ロースター東京がオープン。

世界に5店舗しかないリザーブ ロースターになります。

入店までの順番待ちの整理券が必須。入店までの最短ルートを紹介

夜20:00時には整理券の発行が終了します。営業が23時までなので、お客さんが疎らな店内で3時間ゆっくり過ごすのがオススメです。

それでも平日に限ります。金曜から土曜日、日曜日でも客足が多めです。

木曜(平日)の夕方17時に整理券を発行しても30分40分まちなので、休日は混み具合に用心したほうがいいかもしれません。

桜が見所の時に初めて行ったのですが、同じぐらいの時間帯で6時間待ちでした。おい、入れるの23時かよ。営業終了じゃん。笑

実際そこまで待たないとは思いますが、6時間待ちという言葉にビビります。笑

その時は入りませんでした。

外国人観光客も多く、平日だろうと常に昼間はイベントでもやっているのか?と錯覚する混み具合です。笑


開店は7時なので、朝早くから来れる方は9時までの2時間もオススメです。9時以降になるとお客さんの混み具合によって、整理券が発行されはじめます。

追記:月曜日もオススメです!7.8(月)1時半ごろ再び来店。整理券なしで入れました♪

スターバックスリザーブ ロースター東京の楽しみ方の提案

ハワード・シュルツ元会長は当時、日本にスターバックスリザーブ ロースターを造るにあたって「チャーリーとチョコレート工場を造る」と言っていたそうです。

スタバ愛が止まらないスッタフのsadakenさんから教えてもらいました。

言葉通り、遊び心満載のスターバックスリザーブ ロースター東京では一人から、カップル、友人と、家族とどんな人たちと入店しても楽しめる工夫が凝らしてあります。

初めてスターバックスリザーブ ロースター東京に遊びに行く方に向けて、行く時間帯から遊ぶ順番まで提案しようと思います!

スターバックス リザーブロースタリー東京を一人で楽しむ

1日をスターバックスリザーブ ロースター東京で過ごす。

という選択も1人なら可能。

朝は7時からオープンしています。その時間帯なら整理券なしで入ることができます。

電源はないので、好きな本を二冊ぐらい持っていき、朝と昼でプリンチベーカリー(日本初出店の本場のイタリアンベーカリー)のメニューが変わるので、また違った食事を楽しみながら、高級感ある店内でゆっくりと過ごします。

その後、店員さんとスタバの裏側について、お喋りをしてメデイアでは掲載されていない情報を聞くのも楽しいものです。笑

煙がでる焙煎工場では商業地域に建てることできず、もちろん住居地域にも立てられません。

 

なぜ駅から離れたココなのか?という疑問に、建設物に関する法律や、実際建てた後の目黒川を挟んだ住居地域に住む人たちからのクレームなど、内情について話を聞くことができました。

スターバックスリザーブ ロースター東京、どこリザーブロースターよりもクレームが少なく、中目黒の人たちに朝早くからコーヒーが飲めていい、と重宝されているそうです。

そんな店員さんとの話も1人なら、たっぷり聞くこともでき、また気が向いたら、ドリンクを注文して、趣味に没頭というエンドレスに突入することができます笑

コーヒー豆売り場では生き字引(生きる辞書のような人)がいます。

豆の種類から豆の歴史、スタバの歴史、何でもござれなので、豆を購入しようか考えている人、スタバ愛が止まらない人には生き字引さんを捕まえて話を聞くのがオススメです笑

スタバの素晴らしさを伝えたくてウズウズしているご様子で、喜んで喋ってくれます!「遠慮なく聞いて大丈夫です!」と、スタッフのsadakenさん笑

スタッフのmazamaさんにも丁寧に店舗の説明をしてもらいました。

スタッフの方達がとても接しやすく、気さくなので遠慮なく声を掛けてみてください。ネットで検索しても出てこないようなニッチなスタバエピソードが聞けるかもしれません。笑

席から見える景色もガラリと変わるスターバックスリザーブ ロースター東京は、また違った顔を見せてくれます。

これがまた時間が経っているのを忘れさせてくれる飽きることない楽しみ方です。

バッテリーを持っていけばWi-Fiは完備されているので長時間滞在も可能です。

パソコンとスマホとイヤホンを常備して、作業や音楽鑑賞、youtube鑑賞などでのんびりと過ごすのもいいですね!

スターバックス リザーブロースタリー東京に友人と入店

平日の10時ごろ池袋のイケフクロ銅像前で待ち合わせ。

午前中は池袋でショッピング、午後は動物カフェ(おすすめは、コツメイト)や池袋サンシャインシティ(VR体験・水族館・プラネタリウム・ショッピング)遊んだあとに中目黒のスターバックスリザーブ ロースター東京に入店。

その頃には17時ごろは回っているかもしれません。

まずは店内の散策をします。インスタ映えが狙えるショットを競い合うようにスマホにおさめます。笑

隠れミ○キーならぬ、隠れ元会長を探せ!

と裏階段の4階から3階の間か、3階から2階の間(すいません。どちらか忘れました)にスターバックスリザーブ ロースター東京に関わっている人たちの似顔絵の壁があります。

 

そこに元会長がいるので、どちらが早く見つけるか勝負してみるのもいいかもしれません。負けた方が一杯奢りです。笑

ハワード・シュルツ元会長をネットで検索して見つけました。とても似ているのですぐにわかります笑

ヒントはなしで笑

あっという間に1時間が過ぎ、流石に注文しようとなったところで、成人している2人は、3階にあるアリビアーモ バーに向かいます。

コーヒーが使われているお酒を注文し、アペリティーボという前菜の盛り合わせを注文。二人でシェアします。

バーテンダーと元どこに勤めていたのか、「元〇〇ホテルのバーテンダーとして働いていたんですよ」とあまりにも有名ホテルなので目玉が飛び出る思いを二人でしながら、話が弾みお酒も進む。

その後、夜風に当たりたく、オープンテラス席に移動。

残りのお酒を飲みながら、二人は気持ちが大胆になり、内緒話や恥ずかしい話など暴露会に突入。

という過ごし方の提案でした!!笑

バーでドリンクを注文すると一押しカクテルの絵が描かれたコースターが一つもらえます。丸い紙に絵が描かれています。ここでしか手に入らないので思い出にお持ち帰り。

カップル

日曜の夜、20時以降に入店。

整理券なしで、三階のアリビアーモ バーに直行。

すでにほろ酔いの二人は大人のいい雰囲気。

バーテンダーも話し掛けず、グラスを拭いたり、仕事に徹しています。

1杯目を空にして、2杯目はオープンテラスへ移動。

二人だけの甘い世界に突入していきます。

スターバックス リザーブロースタリー東京に家族と来店

土曜日、お昼を中目黒で済まし、すぐに整理券発行所へ。それでも入れたのは15時半ごろ。

未成年のお子様がいる方は、2階のTEAVANA(ティーバナー)のティバーがオススメ!すべてお酒は使っていません。

茶葉の匂いを嗅いで、イメージしてから、飲み物を注文することができます!

・ティバーナークリームソーダ 抹茶

オリジナルのバニラアイスにチェリーが添えれています。

・ポップン ティー さくら ジャスミン

色鮮やかなアイスキャンデーが添えられています。

・ゴールデンスカイブラックティーラテ

黄金のわたあめを乗せていて、コップからはわたあめが飛び出ています。インパクト大です。

子供たちも喜ぶメニューがこちらにあります。

※ただし土日祝日は入店する前の待ち時間中に子供たちが飽きてしまうかもしれないので、時間が潰せるゲーム機など持って行った方がいいかもしれません。

スターバックスの店舗の種類

スターバックスリザーブバースターバックス リザーブ ロースタリー東京は別物でした。笑

リザーブって付いてるのにーーー!笑

スタッフのmazamaさんに入店早々目当ての限定販売の飲み物が置いていないことを教えてもらいました笑

1杯1000円以上する「シャケラート ミント フレッド」です。リザーブバー併設店にあるとネットニュースに書かれていました。

リザーブだからって一緒じゃない?

リザーブバーの違いは?

そもそも通常のスタバとリザーブはどう違うんだ?

店舗をまとめて、お目当ての飲み物、お目当の店舗に辿り着けるようにしましょう!


順を追って話していこうと思います!

スターバックスリザーブ

全国に1,434ヶ所(2019年3月末現在)のスタバがある中で64ヶ所だけなります。各都道府県に1個以上あり、通常店舗では取り扱わない希少なコーヒー豆が置いてあります。そして黒エプロン(正式名:ブラックエプロンバリスタ・コーヒーの専門知識を持った人たち)を着た店員さんがいるのが特徴です。

スターバックスリザーブバー

リザーブ店をさらに特別にしたお店がリザーブバーです。コーヒー抽出に特別な器具があったり、アルコール提供があったり、こちらは全国に14ヶ所になります!

こちらです!限定ドリンクのために、こちらに行くはずだったのですが、初のスターバックスリザーブ ロースター東京に入店し、居心地が良すぎて、その日はここだけになりました笑

スターバックスリザーブ ロースター東京から1番近いリザーブバー店は池尻二丁目店になります。徒歩15分です

そして、ここからがもはやスタバマニアしか知らない世界です↓

ネイバーフッドアンドコーヒー

リザーブバーのうち、8ヶ所がネイバーフッドと言われる店で、閑静な住宅街にあり、「近隣にお住いの人たちにゆっくりとコーヒーを楽しんで頂く」ことをコンセプトにしているお店です。

目印はneighborhood and coffeeと書かれた看板があるかどうかになります。

ロースタリー東京から一番近いネイバーフッド店は池尻二丁目店になります。スタバを制覇したい方は、二度美味しいリザーブバーであり、ネバーフッド店である池尻二丁目店がオススメです笑

さらに今まで話してきたスタバとは違う店舗がまだあります!!

スターバックス リジョーナル ランドマーク ストア

地域密着型店舗になります!

こちらは、日本の各地域の顔となる場所に建築され、地域の文化を世界に発信する店舗の総称になります。地域や歴史伝統工芸、文化、スターバックスからノスタルジーを感じ、その地域に住む人々に想いを馳せる。

そのようなスターバックスが、全国で25ヶ所あります。

代表的なのだと、太宰府天満宮表参道店になります。スターバックスリザーブ ロースター東京の外装を手がけた方も一緒になります。一流建築士、隈研吾氏が設計しました。

そして、最後の店舗紹介になります。

ジャパン ジオグラフィーシリーズ販売店

日本の13のエリアの店舗限定で購入できる限定グッツが売られている店舗です。スターバックスカード、マグやタンブラーも売られています。

「地元の人々の日常の様子」がデザインコンセプトになります。

北海道・仙台・東京・横浜・金沢・長野・名古屋・京都・大阪・神戸・広島・福岡・沖縄になります。

店舗数は929ヶ所です。

最後に

スターバックスは全国で1,434ヶ所あり、店舗の種類は販売しているコーヒ豆や限定グッツ、店舗コンセプトの違いにより5種類になります。

これだけ違うスターバックスが存在しているとは、この記事を書くにあたって取材しに行くまで知らないことだらけでした。

スタバの世界を堪能しに、いつもとは違うスタバへ足を運んでみませんか?

スターバックスリザーブ ロースタリー東京

《営業時間》

7:00〜23:00

《アクセス》

池尻大橋駅/東口(東急田園都市線) 徒歩14分
中目黒駅/出入口(東急東横線、東京メトロ日比谷線) 徒歩14分
池尻大橋駅/南口(東急田園都市線) 徒歩14分

《設備》

wi-fiあり、電源一部席のみ

二度おいしい店舗スターバックス池尻二丁目店【アクセス簡単・お酒も飲める】

2019年7月9日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です